HOME
→ クラブの歴史・概要
  設立から10周年
  10年から20年
  20年から30年
▼ 活動報告
 年間行事予定
 理事・役員・委員会一覧
 週報 <例会・奉仕活動>

リ ン ク
Rotary Japan Web
国際ロータリー第2660地区
大阪大手前ロータリークラブ
大阪天満橋RAC
2001〜2002年度 第2660地区ローターアクト 年次大会
Photo 大阪天満橋ローターアクトクラブがホストで平成14年5月19日(日)、大阪国際会議場に於いて開催。第1部のメインプログラム「ワールドスタディゲーム」が好評を得ました。
 
2002〜2003年度 青年功績賞授与式
RI世界大会 平成14年9月1日(日) 大阪府立総合青少年野外活動センターに於いて、昭和44年から続けられてきた伝統の青少年奉仕事業の一つである青年功績賞授与式が行われました。今年度は14名のボランティアスタッフが卒業され、一人一人の功績を称え坂本会長が賞状及び記念品を授与しました。
 
2002〜2003年度 職業奉仕賞授与式
RI世界大会 平成14年10月10日(木) ヒルトンホテルの例会場に於いて、昭和44年から続けられてきた伝統の職業奉仕賞授与式が行われました。ロータリーの特色とも言える「職業奉仕」の理念から、警察署や消防署等で職業を通じて社会に貢献されている5名の方の功績を称え賞状及び記念品を授与しました。
 
2007〜2008年度 創立40周年記念式典・祝賀会
創立40周年記念式典・祝賀会

3世代クラブ合同社会奉仕事業

1967年大阪ロータリークラブをスポンサークラブとして創立し40周年を迎えました。2007年12月6日にRI2660地区新谷秀一ガバナーはじめ多数の来賓を迎え盛大に創立40周年記念例会・式典と祝賀会を開催いたしました。また、姉妹クラブの台北陽明RCからは林会長はじめ40名以上の会員とご家族に参列頂き、祝宴に花を添えて頂きました。
 
2007〜2008年度 3世代クラブ合同社会奉仕事業
ロータリー創立100周年を機に、大阪大手前RC、大阪中之島RCとボランティア基金を創設し、社会奉仕事業をしています。
この年は、当大阪天満橋RCが当番クラブとして、2008年2月21日に大阪市北区の老人会連合会の皆様167名を「天満天神繁昌亭」に招待させて頂きました。
「笑う門には福来る」 落語で大いに笑っていただいて健やかに長寿を楽しんでいただこうと行ったものです。
 
2008〜2009年度 第2000回記念例会
第2000回記念例会 1967年11月4日の仮クラブ第1回例会から41年1ヶ月目の2008年12月4日(木)に第2000回記念例会を開催しました。記念すべき第2000回例会の卓話として、RI2660地区パストガバナー戸田 孝様に“大阪天満橋ロータリークラブに羽ばたく「しあわせの青い鳥」“と題して記念講演を頂きました。47年に及ぶロータリアンとしての豊富なご経験から印象に残る数々のエピソードやロータリアンのあるべき姿などたいへん貴重なお話をいただき、心に残る講演でした。
 
2008〜2009年度 大阪市立南大江保育所クリスマス会
大阪市立南大江保育所クリスマス会 2008年12月16日(火)大阪市立南大江保育所のクリスマスお楽しみ会において、参加ロータリーアンの一人がサンタクロースに扮し、0歳児から5歳児の124人にプレセントを贈りました。サンタが入場すると園児は大喜びです。今年は工夫を凝らし、サンタは英語のみを話すという設定にしました。サンタへの質問コーナーでは、園児の質問を保育士さんが英語に訳してサンタに伝え、サンタは英語で答えて保育士さんが日本語に訳しました。保育園児は英語を喋るサンタに大喜びでした。
 
2009〜2010年度 タイ国白内障手術支援プロジェクト

タイは日差しが強いため白内障になり易い土地柄ですが、貧困により手術を受けられずに失明に至る人も多く、社会問題となっています。この事業は、現地ロータリークラブと共同の世界社会奉仕事業として、1,000名の白内障患者に手術を受けて頂くためのものです。2010年1月28日〜2月3日に会員14名でタイを訪問し、病院の視察、寄贈金の贈呈式等を行い、またボランティアで時間外に手術をして頂いている8名の医師と12名の看護師に記念品を贈呈しました。現地を実際に訪れることにより、この事業に対する期待の大きさを肌で感じることができました。
 
2010〜2011年度 能勢最後の青年功績賞授与式

1969年以来当クラブが卒業カウンセラーの功績を表彰してきた、能勢の大阪府立総合青少年野外活動センターが本年度限りで閉鎖されることになり、2010年8月30日に最後のファイナルセレモニーが野外集会場で行われ、卒業を迎える大学生キャンプカウンセラー18名に対し、青年功績賞の授与を行いました。
 
2011〜2012年度 東日本大震災震災孤児奨学金寄託
2011年12月8日に開催された第44回2011クリスマス家族会において、東日本大震災で震災孤児となった約1,600人もの児童のための奨学金を社会福祉法人・産経新聞厚生文化事業団に寄託しました。
 
2012〜2013年度 創立45周年記念例会・祝賀会
1967年大阪ロータリークラブをスポンサークラブとして創立以来45周年を迎え、2012年11月1日にRI2660地区高島凱夫ガバナーはじめ多数の来賓を迎えて記念例会及び祝賀会を開催しました。大阪天満宮境内にて記念撮影後、正式参拝を行い、雅楽「越天楽」の奉納演奏を鑑賞した後、天満宮会館で例会・祝賀会を行いました。
 
2012〜2013年度 ネパール 医療機器提供プロジェクト
国際ロータリー第3292地区パタン・ダルバールロータリークラブを実施国協同提唱者として、カトマンズ郊外のジョルパティという地区住民をはじめ近隣の村の低所得者に低料金で医療サービスを提供している「フレンズオブシャンタバワン病院」に医療機器を提供しました。2012年11月22日〜27日に会員10名でネパールを訪問し、「フレンズオブシャンタブハワン病院」に医療機器が確実に提供されている事を確認すると共に、地区ガバナーYogendra Man Pradhanさん同席のもとで行われた贈呈式に参加しました。同病院には、今回提供した医療機器を除くと十分な医療機器は見当たらず、あらためて今回の医療機器提供の意義を感じました。
 
2013〜2014年度 3世代クラブ合同社会奉仕事業
大阪大手前RC及び大阪中之島RCとの合同社会奉仕事業として、2013年9月1日に大阪府青少年活動財団と吉野町が協力して設置された青少年育成のための施設である奈良県吉野町の「吉野宮滝野外学校」を訪問し、月明かりの下でも容易に設営できるムーンライトテント8張りを贈呈しました。当クラブは、「吉野宮滝野外学校」で青少年育成に活躍している学生ボランティアリーダーに対し、その功績を称えて青年功績賞の授与を行っています。
 
2014〜2015年度 クラブ社会奉仕事業 大阪市立児童院訪問 
10月25日クラブの社会奉仕事業としてローターアクトクラブと合同で阿波座の明治小学校分校、児童心理養育施設児童院を訪問、子供たちの希望により当院の図書館にマンガ本(“ワンピース”75巻)を寄贈。又、なかまの里(大阪聴覚障害者福祉会)で作られたクッキーを児童26名に味わっていただきました。さらに院のグランドにてバーベキュー会を開催。暖かく最高の天気に恵まれ、美味しい牛肉や果物をほうばり、満面の笑みを浮かべる子供達でした。
 
2015〜2016年度 RI2660地区第6組ロータリーデー
2015年11月21日、ナレッジキャピタル・コングレコンベンションセンターにおいて「拉致問題から見える日本の姿」をホストクラブとして開催。拉致問題に詳しい次世代の党代表・中山恭子氏の基調講演と、同氏と西村眞悟前衆議院議員、特定失踪者問題調査会代表・荒木和博氏の3氏と河村産経新聞大阪正論室長のコーディネートによるパネルディスカッションで、拉致問題に関する貴重な情報や私たちが日本人としてこの問題にどう向き合うべきかを議論して頂きました。
 
当クラブへのお問い合わせ